出会い系の初体験を書いてみた

ytbejkelads
出会い系サイトで今の彼女と一年前に出会いました。私が出会い系サイトを利用するのは、その時が初めてでしたから、たくさんある中からどのサイトを選べばいいのか、どんなメールを女性に送ればいいのか、全てが手探りでした。

まず、せふれサイトの選び方ですが、女性の在籍率という点で優れているのは有料系のサイトです。有料サイトに登録している女性はこう考えているのです。「お金を払ってまで登録しているのだから、経済的には安定しているはず。遊びではなくて真面目に出会いを求めている男性が集まるはずだ」と。ですから、自然と女性の在籍率が上がり、男性からのアプローチに対しても真剣に応えてくれる確率は高くなります。男性にしても、お金を払うのは嫌ですから、積極的に有料サイトに登録しようとは思いません。ですから、男性の比率が下がり、女性の比率が上がります。ですから私も有料サイトを選びました。実際にかかるお金も、月2000円~3000円程度ですから、たいした出費ではないのです。無料サイトでかける手間と暇を考えれば、むしろ、有料サイトのほうが安上がりになるかもしれませんよ。

次に悩むのが女性へのメールの送り方。たいていの場合、女性にメールを送っても返事は戻ってきません。でも、送った先がサクラだったりすると、延々と無駄なやり取りをすることになりますから気をつけてください。女性から返事をもらえないからと言って、いちいちへこんでいてはいけません。きちんと内容のあるメールであれば、数十通送れば一通くらいは返事がもらえるはずです。そこからチャンスを広げていきましょう。

お互いの事をどれだけ理解しあえるかということが出会い系サイトでは大事です。そのためのツールとしてメールがあるわけです。ですから、出会い系サイトでのメールの役目は重大です。メール次第で出会えるかどうかが変わってくるとも言えるでしょう。

では、どんなメールが良いのでしょうか。ある程度メール交換が続いて、親しくなってくれば許容範囲も増えるでしょうが、はじめはかなり厳しい条件をクリアしなくてはいけないでしょう。

相手の事は何もわからないわけですから、メールの内容は大事です。どんなメールかということで判断するしかないわけですから、当然厳しくなるというわけです。ですから、男性は女性がどう思うかということを常に意識してメール作製をしなくてはいけないのです。

とはいっても、知らない相手ですから、はじめは常識的に問題のないメールを送ることです。特別なメールをつくろうということはあまり考えないほうが良いでしょう。良い印象を持ってもらえるメールであることが基本です。ですから、言葉使いはもちろん、メールの長さなどにも気を使うことです。

いきなり初対面の相手にタメ口のメールを送ったりはしないことです。また、長文メールで気持ちを長々と伝えようなんて事をしても意味は無いでしょう。ほとんどの女性は読んではくれないと思うことです。知らない男性の長文メールに興味を持つ女性はいないといえ事です。読みやすくて印象の良いメールを心がけることです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ